FC2ブログ

生活保護の現実(2015/3/8の記事)

現代の日本では、近代の人権概念が十分に定着する前に空洞化するという事態が進行している。人権概念が空洞化して、日本はなおも近代国家たりうるのか。今回、取り上げたいのは、生活保護とは、上(政府、金持ち)からの恩恵ではなく、人権の不可欠の一部であるという点である。生活保護という制度の問題点や運用上の問題は、それ自体問うべきではあるが、それは生活保護が人権として尊重されるべきであることを論駁するものではない。運用上の不適切事例をもってその存在意味自体が否定できると考える人は、学校でもう一度論理的思考方法を学び直すべきである(あるいはそれは詭弁である)。
 しかし、この詭弁がまかり通っているのが、現代日本の寒い現実である(だから、現代日本は欧米のスタンダードにおける近代国家であるかが怪しいということになるわけである)。

 こうした実情を知る上で、注目すべきは、「大阪」であり、次の文献はきわめて有用である。

大阪市生活保護行政問題全国調査団編
『大阪市の生活保護で、いま、なにが起きているのか 情報公開と集団交渉で行政を変える!』
かもがわ出版、2014年。

はじめに
調査団がやってきたこと

第1章 大阪市の生活保護でいま、なにが起きているのか
 1 はじめに
 2 大阪市生活保護行政の問題点
 3 まとめ
  調査団に参加して(1) 胸が熱くなった怒濤の調査活動 (雨宮処凛)

第2章 大阪市の生活保護行政の問題点
 part 1 入り口で締め出す~「申請時の助言ガイドライン」「連絡票」で「水際作戦」のシステム化~
  調査団に参加して(2) 突然の扶養照会に、戸惑いと怒り (城世津子)
 part 2 親族に圧力をかける~「仕送り額のめやす」と一律の扶養照会~
  調査団に参加して(3) 想像のはるか「斜め上」だった大阪市の現状 (みわよしこ)
 part 3 自己負担と強要する~介護扶助自己負担問題~
  調査団に参加して(4) 根拠もなく、弱い立場の人からお金をとる (浜まき代)
  調査団に参加して(5) 「他人事」の厚労省、国家で追及 (辰巳孝太郎)
 part 4 「不正受給」のレッテルを貼る~警察官OBの活用と不正受給キャンペーン~
  調査団に参加して(6) 北九州から参加して (高木健康)
 part 5 職員をふやさない、育てない~ケースワーカーの人員と専門性の不足~
  調査団に参加して(7) 本来の「ケースワーク」を放棄した大阪市 (生田武志)
 part 6 生活困窮者も職員も監視して締め上げる~職員基本条例と警察との連携強化~
  調査団に参加して(8) ずさんな大阪市の業務が浮き彫りに (井上賢二)

第3章 どう調査をすすめたか
 私たちは全国調査にどう取り組んだのか
 役所の内部で起きていることを知るために~情報公開・公文書開示請求をしてみよう~
 開示資料をどう分析したのか
  
  調査団に参加して(9) 労働組合が生活保護の問題になぜ取り組むのか (米村泰輔)

コラム 大阪市ケースワーカー覆面座談会
おわりに ~全国いたるところで生活保護調査団活動をやりましょう~

 大阪市は大変なことになっている。わたくしも、以前は大阪市に住み、大阪市立大学で教員をしていたが、こんな状況ではなかったはず。 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

LogosOffice2

Author:LogosOffice2
本ブログでは、2016年度から(18年度まで)開始の科学研究費による研究「拡張された自然神学の具体化としての「科学技術の神学」─東アジアの文脈で─」に関連した情報を掲載してきましたが、今回、その内容を現代キリスト教思想に関わるものに変更することになり、ブログ・タイトルを「現代キリスト教思想の諸問題」に変更することにしました。しばらくは、具体的な掲載内容をめぐり方向を探りたいと思いますが、徐々に本格化させてゆきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ