FC2ブログ

高木仁三郎4

 本ブログは、学振の科学研究費による研究の紹介という趣旨で運営されてきました。3年にわたった研究も(次の機会があればと思いますが)、本日で最終日を迎えますので、今回の記事が、この研究期間最後の掲載となります。
 最後は、高木仁三郎の文献で、締めくくります。
 高木の文章は、七つの森書館の『高木仁三郎著作集』(全12巻)にもっともまとまった形で収められていると思いますが、わたくしの手元にあるのは、次の一冊です。

『高木仁三郎著作集 市民科学者として生きるⅡ』
七つの森書館、2003年。

いま自然をどう見るか (1985)
 序章
 第一部 人は自然をどうみてきたか
    第一章 ゼウスとプロメテウス
    第二章 ロゴスとなった自然
    第三章 機械としての自然
    第四章 宇宙は解けたか

 第二部 いま自然をどうみるか
    第五章 エコロギー的地球像
    第六章 民衆の自然
    第七章 自然と労働

    終 章  自然に生きる
    補 章  そして、いま自然をどうみるか

引用文献・参考文献
あとがき
増補新版へのあとがき

森と里との思想 大地に根ざした文化へ (1986)

科学とのつき合い方 (1986)

科学の「世紀末」 (1987)

あきらめから希望へ 生きる場からの運動 (1987)

◆共著書の論文
   自然館の解放と解放の自然観 (1985)

◆未刊行資料
   科学時事

解説と解題
 〝希望〟を祈りとして (松崎早苗)
 解題 (西尾漠)
 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

LogosOffice2

Author:LogosOffice2
本ブログでは、2016年度から(18年度まで)開始の科学研究費による研究「拡張された自然神学の具体化としての「科学技術の神学」─東アジアの文脈で─」に関連した情報を掲載してきましたが、今回、その内容を現代キリスト教思想に関わるものに変更することになり、ブログ・タイトルを「現代キリスト教思想の諸問題」に変更することにしました。しばらくは、具体的な掲載内容をめぐり方向を探りたいと思いますが、徐々に本格化させてゆきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ