FC2ブログ

認知科学と宗教研究5

 これまで、霊長類研究からチンパンジーの事例を取り上げてきたが、チンパンジーとくれば、特に京都大学的には、当然、ゴリラだろうか。とうわけで、今回は、次の文献。宗教研究との関連でも、興味深い議論が展開されている。

山極寿一
『「サル化」する人間社会』
集英社インターナショナル、2014年。

はじめに
第一章 なぜゴリラを研究するんか
第二章 ゴリラの魅力
第三章 ゴリラと同性愛
第四章 家族の起源を探る
第五章 なぜゴリラは歌うのか
第六章 言語以前のコミュニケーションと社会性の進化
第八章 「サル化」する人間社会

 第六章には、「言語の創生と社会脳の発達」「脳の発達は集団規模に比例する」という項目が含まれており、ゴリラ研究においても、脳科学・認知科学との接点が意識されていることが分かる。そして、何よりも、家族、歌う、言葉は、宗教研究の中心テーマであり、人間にとってこれらがいかなるものであるかについては、霊長類研究から大きな示唆が期待できるだろう。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

LogosOffice2

Author:LogosOffice2
本ブログでは、2016年度から(18年度まで)開始の科学研究費による研究「拡張された自然神学の具体化としての「科学技術の神学」─東アジアの文脈で─」に関連した情報を掲載してきましたが、今回、その内容を現代キリスト教思想に関わるものに変更することになり、ブログ・タイトルを「現代キリスト教思想の諸問題」に変更することにしました。しばらくは、具体的な掲載内容をめぐり方向を探りたいと思いますが、徐々に本格化させてゆきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ