FC2ブログ

「宗教と科学」関係論の現在

本ブログのテーマである「科学技術の神学」を追求する上で、前提となる一つのテーマは、「宗教と科学」の関係であり、「宗教と科学」関係論の動向は、もっとも気になる問題と言える。このテーマは、この半世紀の内に再度キリスト教思想の重要テーマとして認識されるようて以来、活発に研究が行われ、現在もますますである。
今回紹介するのは、こうした動向をおさえるうえで参考となる文献である。

Peter Harrison (ed.),
The Cambridge Companion to Science and Religion,
Cambridge University Press, 2010.

Notes on contributors

Introduction (Peter Harrison)

Part I Historical interactions
1 The fate of science in patristic and medieval Christendom (David C. Lindbeg)
2 Religion and the Scientific Revolution (John Henry)
3 Natural theology and the sciences (Jonathan R. Topham)
4 Religious reactions to Darwin (Jon H. Roberts)
5 Science and secularization (John Hedley Brooke)

Part II Religon and contemporary science
6 Scientific creationism and intteligent design (Ronald L. Numbers)
7 Evolution and the inevitability of intteligent life (Simon Conway Morris)
8 God, physics and the Big Bang (William R. Sroeger, SJ.)
9 Psychology and theology (Fraser Watts)
10 Science, bioethics and religion (John H. Evans)

Part III Philosophical perspectives
11 Atheism, naturalism and science: three in one? (Michael Ruse)
12 Divine action, emergence and scientific explanation (Nancy Murphy)
13 Science, God and cosmic purpose (John Haught)
14 Ways of relating science and religion (Mikael Stenmark)

A guide to further deading
Index
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

LogosOffice2

Author:LogosOffice2
本ブログでは、2016年度から(18年度まで)開始の科学研究費による研究「拡張された自然神学の具体化としての「科学技術の神学」─東アジアの文脈で─」に関連した情報を掲載してきましたが、今回、その内容を現代キリスト教思想に関わるものに変更することになり、ブログ・タイトルを「現代キリスト教思想の諸問題」に変更することにしました。しばらくは、具体的な掲載内容をめぐり方向を探りたいと思いますが、徐々に本格化させてゆきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ