FC2ブログ

日本における原発関連文献リスト1

 本ブログでは、これまで日本/日本語における原発関連の文献を紹介してきたが、キリスト教関連に限定して、文献リスト(わたくし所蔵の文献)をまとめてみたい。なお、3・11の大震災に関わる文献も一部含める。ただし、完全なリストというわけではないので、今後、随時、補足して行きたい。

・新教出版社編集部
 『原発とキリスト教──私たちはこう考える』
 新教出版社、2011年11月。

・日本基督教団救援対策本部編
 『東日本大震災を通して問われたこと
       現代日本の危機とキリスト教
       ──東日本大震災緊急シンポジウム』

 日本キリスト教団出版局、2011年12月。

・勝村弘也、新免貢 (関西進学塾編)
 『滅亡の予感と虚無をいかに生きるのか──聖書に問う』
  新教出版社、2012年3月。

・『基督教思想』編
 『原子力とわたしたちの未来──韓国キリスト教の視点から』
 かんよう出版、2012年11月。

・R.シュペーマン
 『原子力時代の驕り
     ──「後は野となれ山となれ」でメルトダウン』

 知泉書館、2012年12月。

・森野善右衛門
 『原子力と人間──3・11後を教会はどう生きるか』
 キリスト新聞社、2012年12月。

・荒井献・本田哲郎・高橋哲也
 『3・11以降とキリスト教』
 ぷねうま舎、2013年3月。

・日本クリスチャンアカデミー編
 北澤宏一、栗林輝夫
 『原子力発電の根本問題と我々の選択
        ──バベルの塔をあとにして』

  新教出版社、2013年10月。

・福嶋裕子 大宮謙 左近豊 スコット・ヘイフマン
 『3.11以降の世界と聖書
        ──言葉の回復をめぐって』

 日本キリスト教団出版局、2016年3月。

・富坂キリスト教センター編
 『原発と宗教──未来世代への責任』
 新教出版社、2016年8月。

・日本カトリック司教協議会『今こそ原発の廃止を』編纂委員会
 『今こそ原発の廃止を──日本のカトリック教会の問いかけ』
 カトリック中央協議会、2016年10月。

・日本クリスチャンアカデミー編
 姜尚中・上山修平
 『原子力発電と日本社会の岐路
       ──聖書と共に考える混成型共生社会と脱原発』

  新教出版社、2017年3月。

・栗林輝夫(西原廉太、大北優博編)
 『栗林輝夫セレクション1 日本で神学する』
 新教出版社、2017年6月。 
   Ⅲ 環境と技術の神学
    第8章 原発の神学
    第9章 キリスト教は原発をどう考えるか
         ──神学の視点から
   第10章 原発とテクノロジーの神学
   第11章 原発と田中正造の環境/技術の神学
         ──人間は自然の「奉公人」
    

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

LogosOffice2

Author:LogosOffice2
本ブログでは、2016年度から(18年度まで)開始の科学研究費による研究「拡張された自然神学の具体化としての「科学技術の神学」─東アジアの文脈で─」に関連した情報を掲載してきましたが、今回、その内容を現代キリスト教思想に関わるものに変更することになり、ブログ・タイトルを「現代キリスト教思想の諸問題」に変更することにしました。しばらくは、具体的な掲載内容をめぐり方向を探りたいと思いますが、徐々に本格化させてゆきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ