FC2ブログ

原子力とキリスト教4

 現代のさまざまな社会的政治的な文脈におけるキリスト教思想について、従来より共同研究を進めてきた、富坂キリスト教センターより、原発をめぐる論集が刊行されている。

富坂キリスト教センター編
『原発と宗教──未来世代への責任』
いのちのことば社、2016年。

はじめに

・核開発とキリスト教──「テクノロジーの神学」の視点から (栗林輝夫)
・宗教者として問う原発問題の深層 (内藤新吾)
・原発と宗教と倫理 (河合弘之)
・放射能汚染が未来世代に及ぼすもの──チェルノブイリから学ぶ (吉田由布子)
・福島原発事故の医学的な問題 (山田真)
・制度としての「原子力ムラ」 (進藤宗幸)
・未来世代のひとたちへ (山口幸夫)
・だまして進める核のごみ処分場──岐阜県瑞浪超深地層研究所の経過と現状 (兼松秀代)
・原爆・原発・再生可能エネルギー (西岡由香)
・〈核のない社会〉望見 (中嶌哲演)
・新たな文化哲学へ向けて、シュペグラー以後──神学の究極課題としての原発問題 (安田治夫)

《座談会》 原発と宗教

付録資料 〈福島原発事故についての緊急建言〉

おわりに
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

LogosOffice2

Author:LogosOffice2
本ブログでは、2016年度から(18年度まで)開始の科学研究費による研究「拡張された自然神学の具体化としての「科学技術の神学」─東アジアの文脈で─」に関連した情報を掲載してきましたが、今回、その内容を現代キリスト教思想に関わるものに変更することになり、ブログ・タイトルを「現代キリスト教思想の諸問題」に変更することにしました。しばらくは、具体的な掲載内容をめぐり方向を探りたいと思いますが、徐々に本格化させてゆきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ