FC2ブログ

栗林神学の射程

 2015年に逝去された、栗林輝夫さんの論集が、栗林セレクションとして刊行されました。
 内容的には、本ブログで、紹介すべき論考が収録されています。原発や科学技術の問題、またアジアや日本の問題を、キリスト教神学という視点から、掘りさげて論じた論考です。こうしたテーマに関心のある方は、ぜひ読むべきものと思います。わたくしも、論文として公にされた際に読んだものが多くありますが、こうした論集にまとめられると、焦点が明確になった気がします。

栗林輝夫著(大宮有博・西原廉太編)
『日本で神学する』
栗林輝夫セレクション1
新教出版社、2017年。

I  解放の神学と日本
 第1章 解放神学の選択・神は貧しい者を偏愛する
    ――マルクス主義から民衆の宗教へ
 第2章 見よ、神は谷中にあり――田中正造の解放神学
 第3章 マルコムXと西光万吉――二人のマージナル・マンをめぐって
 第4章 日本の解放神学者 賀川豊彦――その神学遺産の継承をめざして

II  日本で神学する
 第5章 民話・ユング・聖書――『日本民話の神学』補論
 第6章 「帝国論」におけるイエスとパウロ
 第7章 日本で神学する

III 環境と技術の神学
 第8章 原発と神学
 第9章 キリスト教は原発をどう考えるか――神学の視点から
第10章 原発とテクノロジーの神学
第11章 原発と田中正造の環境/技術の神学――人間は自然の「奉公人」

解説 西原廉太
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

LogosOffice2

Author:LogosOffice2
本ブログでは、2016年度から(18年度まで)開始の科学研究費による研究「拡張された自然神学の具体化としての「科学技術の神学」─東アジアの文脈で─」に関連した情報を掲載してきましたが、今回、その内容を現代キリスト教思想に関わるものに変更することになり、ブログ・タイトルを「現代キリスト教思想の諸問題」に変更することにしました。しばらくは、具体的な掲載内容をめぐり方向を探りたいと思いますが、徐々に本格化させてゆきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ