FC2ブログ

東アジアの関係史2

 前回は、「日台関係史」であったが、続いて、企画されたのは、「日中関係史」である。1972年の日中国交正常化以降が扱われているが、以下紹介する四巻本の「日中関係史」の「刊行にあたって」で述べられているように、この企画に類似したものとしては、2008年に社会科学文献出版社(北京)刊行の『中日関係史 一九七八─二〇〇八』(同年に、東京大学出版会より翻訳出版)が存在する。この中国での企画がデータに詳しいのに対して、日本での企画ではデータ分析に重点が置かれたとのことである。

1.高原明生・服部龍二編『日中関係史 1972-2012 Ⅰ政治』東京大学出版会、2012年。
刊行にあたって
Ⅰ 冷戦体制と日本の台頭
 第一章 前史 一九四七─七一年 (大澤武司)
 第二章 国交正常化 一九七二年 (井上正也)
 第三章 日中航空協定交渉 一九七三─七五年 (福田円)
 第四章 平和友好条約締結交渉から対中円借款の供与へ (若月秀和)
 第五章 第一次教科書問題 一九七九─八二年 (江藤名保子)
 第六章 中曽根・胡耀邦関係と歴史問題 一九八三─八六年 (服部龍二)
 第七章 光華寮問題 一九八七─八八年 (小嶋華津子)
 第八章 六・四(第二次天安門)事件 一九八九─九一年 (三宅康之)
 第九章 天皇訪中 一九九一─九二年 (杉浦康之)

Ⅱ グルーバル化と中国の台頭
 第一〇章 冷戦終結後の日米安全保障体制と日中関係 一九九三─九五年 (増田雅之・中原明生)
 第一一章 橋本首相のユーラシア外交と江沢民主席の来日 一九九七─九八年 (江口伸吾)
 第一二章 二国間実務協力と東アジア地域協力の進展 一九九九─〇〇年 (益尾知佐子)
 第一三章 小泉内閣とナショナリズムの高揚 二〇〇一─〇二年 (加茂具樹)
 第一四章 胡錦濤政権と新思考外交の挫折 二〇〇三─〇五年 (伊藤剛)
 第一五章 戦略的互恵関係の模索と東シナ海問題 二〇〇六─〇八年 (阿南友亮)
 第一六章 民主党政権誕生以降の日中関係 二〇〇九─一二年 (伊藤剛・高原明生)

戦後日中関係年表

2.服部健治・丸川知雄編『日中関係史 1972-2012 Ⅱ経済』東京大学出版会、2012年。
刊行にあたって
Ⅰ 日中経済関係の概観
 第一章 国交正常化以前の日中経済交流  (嶋倉民生)
 第二章 日中経済関係四〇年の概観 (服部健治)
 第三章 外交官からみた日中経済交 日中の経済外交を回顧して (松本盛雄)
 第四章 通商関係からみた日中経済関係 (波多野淳彦)

Ⅱ 国交正常化実現から改革・開放の始動まで 一九七二~一九七八年
 第一章 概説 (服部健治)
 第二章 広州交易会の変遷 (小島末夫)
 第三章 日中長期貿易取り決めの締結 (小島末夫)
 第四章 主な業界の動き 

Ⅲ 改革・開放の実行から南巡講話まで 一九七九~一九九一年
 第一章 概説 (服部健治)
 第二章 対中ODAの開始 (関山健)
 第三章 プラント契約問題 (小島末夫)
 第四章 貿易不均衡への対応 (小島末夫)
 第五章 主な業界の動き

Ⅳ 南巡講話から中国のWTO加盟まで 一九九二~二〇〇〇年
 第一章 概説 (服部健治)
 第二章 大連興業団地 (梅村賢二)
 第三章 アジア通貨危機の影響 (大西義久)
 第四章 投資現場が直面した課題 (服部健治)
 第五章 広東国際信託投資公司(GITIC)の破産 (梅村賢二)
 第六章 知的財産権の侵害 (日高賢治)
 第七章 主な業界の動き 

Ⅴ WTO加盟以降の日中経済関係 二〇〇一~二〇一二年 
 第一章 概説 (丸川知雄)
 第二章 個別日系企業をめぐるトラブルとその背景 (渡辺浩平)
 第三章 経済摩擦 初の対中セーフガード、対日アンチダンピング (小島末夫)
 第四章 食の安全問題 (丸川知雄)
 第五章 環境協力 (長瀬誠)
 第六章 研修・技能実習生をめぐる日中関係 (岡室美恵子)
 第七章 対中ODA(円借款)の終了 (関山健)
 第八章 主な業界の動き

Ⅵ 今後の日中経済関係
 終章 中国の経済大国化と日中関係 (丸川知雄)

あとがき
日中経済関係年表

 今回は、2巻目まで。  
 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

LogosOffice2

Author:LogosOffice2
本ブログでは、2016年度から(18年度まで)開始の科学研究費による研究「拡張された自然神学の具体化としての「科学技術の神学」─東アジアの文脈で─」に関連した情報を掲載してきましたが、今回、その内容を現代キリスト教思想に関わるものに変更することになり、ブログ・タイトルを「現代キリスト教思想の諸問題」に変更することにしました。しばらくは、具体的な掲載内容をめぐり方向を探りたいと思いますが、徐々に本格化させてゆきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ