FC2ブログ

情報社会の行方

 日常生活に情報技術が浸透するにつれ、情報社会の便利さは多くの人々が共有する実感であり、今や社会的に不可欠の技術となりつつある。また、情報技術に未来を託する企業・大学・国家は、少なくない(と思われる)。しかし、科学技術が両義的存在であることを情報技術も免れておらず、すべてがバラ色に語れるわけではない。それは、情報社会の負の側面、しかも無視できない現実の問題である。その側面を象徴的に示しているのが、スノーデンの証言である。

エドワード・スノーデンほか
『スノーデン 監視大国日本を語る』
集英社新書、2018年。

刊行にあたって エドワード・スノーデンのメッセージ

第一章 米国酷か安全保障局による大量監視の実態と日本
      (エドワード・スノーデン 国谷裕子)
第二章 9・11以降の監視強化の動きとACLUの戦い
      (スティーブン・シャピロ)
第三章 日本の監視の現状
      (出口かおり)
第四章 大量監視とプライバシー保護のための仕組み
      (ジョセフ・ケナタッチ)
第五章 デジタル時代の監視とプライバシー
      (ジョセフ・ケナタッチ スティーブン・シャピロ 井桁大介 出口かおり)

あとがき 浮かび上がった情報格差の深い溝
      (国谷裕子)

付論1 スノーデン氏のメッセージの原文
付論2 ジョセフ・ケナタッチ氏の監視システムに対する保護措置に関するスライド資料

 電子マネーが便利というキャッチフレーズ。それは、自分のお金の動きがすべて監視され得るということであり、さしあたり、課税する立場から言えば、理想的である。ビッグデータも、AIも、すべて問題はリンクしている。選挙も?・・・
スポンサーサイト



プロフィール

LogosOffice2

Author:LogosOffice2
本ブログでは、2016年度から(18年度まで)開始の科学研究費による研究「拡張された自然神学の具体化としての「科学技術の神学」─東アジアの文脈で─」に関連した情報を掲載してきましたが、今回、その内容を現代キリスト教思想に関わるものに変更することになり、ブログ・タイトルを「現代キリスト教思想の諸問題」に変更することにしました。しばらくは、具体的な掲載内容をめぐり方向を探りたいと思いますが、徐々に本格化させてゆきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ