FC2ブログ

大震災とキリスト教

 東日本大震災以降、大震災とキリスト教というテーマで、少なからぬ論集が出版されてきた。今回取り上げるのは、比較的最近の一冊である。

福嶋裕子、大宮謙、左近豊、スコット・ヘイフマン編
『3.11以降の世界と聖書──言葉の回復をめぐって』(青山学院大学総合研究所叢書)
日本キリスト教団出版局、2016年。

まえがき

第1章 記憶と証言
  序 3.11以降の証言と聖書 左近豊
  証言 井形英絵、片岡輝美、川上直哉

第2章 創造から新しい創造へ──イエス、審判、そして津波・福島災害
  スコット・ヘイフマン

第3章 混沌の記憶と言葉の回復──危機を生き抜く信仰者と教会
  左近豊

第4章 嘆きの記憶と言葉の回復──哀歌におけるimprecationについて
  左近豊

第5章 説号の記憶と言葉の回復──イエスの湖での奇跡をめぐって
  大宮謙

第6章 苦難の記憶と言葉の回復──パウロの使徒としての苦難とII コリント2:14-16aの重要性
  スコット・ヘイフマン

第7章 死者の記憶と共同体の回復──ヨハネ黙示録の修辞的・歴史的分析
  福嶋裕子

第8章 技術から見る人間の回復──プロメテウスの火と技術をめぐる聖書解釈への展望
  福嶋裕子

初出一覧
あとがき

 
スポンサーサイト



プロフィール

LogosOffice2

Author:LogosOffice2
本ブログでは、2016年度から(18年度まで)開始の科学研究費による研究「拡張された自然神学の具体化としての「科学技術の神学」─東アジアの文脈で─」に関連した情報を掲載してきましたが、今回、その内容を現代キリスト教思想に関わるものに変更することになり、ブログ・タイトルを「現代キリスト教思想の諸問題」に変更することにしました。しばらくは、具体的な掲載内容をめぐり方向を探りたいと思いますが、徐々に本格化させてゆきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ