原子力と哲学

 福島原発事故以降、あるいはそれ以前からも、原子力に象徴される科学技術の問題は、現代思想の重要なテーマであった。哲学に於いても当然そうである。
 日本における哲学者の議論として、次の文献を取り上げたい。

一ノ瀬正樹
『放射能問題に立ち向かう哲学』
筑摩書房、2013年。

はじめに──3・11という転換点

第1章 低線量被曝とがん死
第2章 「放射能」というイコン
第3章 放射能と人体
第4章 安全と安心
第5章 因果関係への問い
第6章 確率と因果関係
第7章 年間一ミリシーベルト
第8章 予防原則の問題性
第9章 借金モデル
第10章 LNT仮説と不可断定性
第11章 「道徳のディレンマ」を生き抜く

おわりに──なぜ哲学が放射能を論じるのか


参考文献

 第4章では「100ミリシーベルトと1ミリシーベルト」という節が含まれ、第7章はずばり「年間1ミリシーベルト」という仕方で、停線量被曝の問題が取り上げられている。福島原発事故以前から、放射線障害防止法で、一般市民に被ばく限度は「年間1ミリシーベルト」とされ、放射線障害防止法では、病院のレントゲン室内などの放射線管理区域でも「年間5.2ミリシーベルト」されていた。
 しかし、この法的基準はそのままにして、2012年12月に福島県伊達市などの特定避難歓奨励地点が解除されたときの政府の提示した理由は(2014年12月に南相馬市も解除)、除染によって線量が年間20ミリシーベルトを下回ったというものであった。この決定をめぐっては、激しい論争となっている。この状況は哲学的にどのように議論できるのか。科学、法、道徳・・・これかはいかなる関係にあるのか。
スポンサーサイト

原子力とキリスト教2

 前回、「原子力とキリスト教」というテーマについて、『原子力発電と日本社会の岐路』を紹介したが、これに先だって、刊行された次の文献も、取り上げておきたい。先のものと同様に、関西セミナーハウスを会場に、日本クリスチャン・アカデミーの主催で行われた、1泊2日(2012年10月7日(日)~8日(月))セミナーの報告である。
関西セミナーハウス

日本クリスチャン・アカデミー編
北澤宏一、栗林輝夫
『原子力発電の根本問題と我々の選択──バベルの塔をあとにして』
新教出版社、2013年。

はじめに (小久保正)
原発と代替エネルギー──科学・技術の視点から:北澤宏一
  原子力の魅力と問題点
  民間事故調
  福島原発の事故とは
  過酷事故としての福島原発事故
  福島原発事故の原因と原子力ムラの形成
  最悪のシナリオ
  福島原発事故のインパクト
  世界の原発と代替エネルギーの移り変わり
  日本の再生可能エネルギーの導入
  これからのエネルギー選択
  我が国における再生可能エネルギーのポテンシャル
  日本に投資する余裕があるのか

はなしあい1 脱原発への道のりは?
1 北澤講演に関する質疑応答 
2 ディスカッション


キリスト教は原発をどう考えるか───神学の視点から:栗林輝夫
  はじめに
  原子力とキリスト教
  原発とバベルの塔の物語
  「いのちを選べ」──脱原発へのキリスト教倫理
  最後に──代替エネルギーをめざして

はなしあい2 政治神学の課題としての原発
はなしあい3 脱原発への展望

おわりに (小原克博)

 本ブログのテーマ、「科学技術の神学」の中心に関わる議論を、ここに確認することが出来る。

原子力とキリスト教1

 科学技術とキリスト教を論じる上で、現在、重要なテーマとして取り上げられているものの一つが、「原子力」である。本ブログでも、このテーマに関わる、最近の文献を取り上げてゆきたい。「最近の」というのは、原子力の問題は、福島原発事故以降、大きく転換することになったからである。この原発事故を無視しては、原子力、そして科学技術の問題は、問いえない。
 まずは、つぎの文献。

日本クリスチャン・アカデミー編
姜尚中・上山修平
『原子力発電と日本社会の岐路』
新教出版社、2017年。

はじめに (小久保 正)

● 混成型共生社会の可能性 (姜尚中)
 はじめに/東日本大震災が問いかけるゐ、ポスト3・11の日本の行方/犠牲のシステム/「ポスト戦後」が始まるのか/トランスナショナルなクリスチャン
 質疑: 戦後社会と原発体制とのつながり

はなしあい1 混成型共生社会の可能性を巡って

● 今、聖書から問う──核利用の根にあるもの (上山修平)
 はじめに/三つの現実/聖書方見えてくるもの/展望と課題/これからのキリスト者として/「原子力発電についての私たちの見解」
 質疑: 脱原発はいかにして可能か

はなしあい2 キリスト者として、市民として

過去と未来の間で──グループ討議に先立って

市民として、キリスト者として──全体討議

あとがき (小原克博)

「はじめに」で説明のあるように、この文献は、関西セミナーハウスを会場に、2014年1月12~13日の一泊二日で行われた、「福島原発事故を原点に据えて、日本と世界の歩むべき方向性を探る」と題して開催されたフォーラムの記録である、講師は、姜尚中と上山修平のお二人。それぞれの講師の講演に続いく、質疑、そしてその後のグループの分かれてのはなしあい、そして全体討論。 

栗林神学の射程

 2015年に逝去された、栗林輝夫さんの論集が、栗林セレクションとして刊行されました。
 内容的には、本ブログで、紹介すべき論考が収録されています。原発や科学技術の問題、またアジアや日本の問題を、キリスト教神学という視点から、掘りさげて論じた論考です。こうしたテーマに関心のある方は、ぜひ読むべきものと思います。わたくしも、論文として公にされた際に読んだものが多くありますが、こうした論集にまとめられると、焦点が明確になった気がします。

栗林輝夫著(大宮有博・西原廉太編)
『日本で神学する』
栗林輝夫セレクション1
新教出版社、2017年。

I  解放の神学と日本
 第1章 解放神学の選択・神は貧しい者を偏愛する
    ――マルクス主義から民衆の宗教へ
 第2章 見よ、神は谷中にあり――田中正造の解放神学
 第3章 マルコムXと西光万吉――二人のマージナル・マンをめぐって
 第4章 日本の解放神学者 賀川豊彦――その神学遺産の継承をめざして

II  日本で神学する
 第5章 民話・ユング・聖書――『日本民話の神学』補論
 第6章 「帝国論」におけるイエスとパウロ
 第7章 日本で神学する

III 環境と技術の神学
 第8章 原発と神学
 第9章 キリスト教は原発をどう考えるか――神学の視点から
第10章 原発とテクノロジーの神学
第11章 原発と田中正造の環境/技術の神学――人間は自然の「奉公人」

解説 西原廉太

中国における環境思想と宗教

 本ブログの中心テーマである、「環境、宗教・キリスト教、東アジア」に直接関係する文献として、今回は、次のものを紹介します。

James Miller, Dan Smyer Yu and Peter van der Veer (eds.),
Religion and Ecological Sustainability in China.
Routledge, 2017.

List of figures
List of contributors
Acknowledgements

Introduction: The diversity of eco-religious practice in Chaina
(Dan Smyer Yu with James Miller and Peter van der Veer)

Part I: Ecology and the classics
1 Ecology and the classics
(Nary Evelyn Tucker and John Grim)
2 Conceptualizations of earth and land in classical Chinese texts
(Deborah Sommer)
3 'The Great Virtue of Heaven and Earth': Deep ecology in the Yijing
(Joseph A. Adler)
4 'Hard-hearted' and 'soft-hearted' ecologies: A rereading of Confucian and Daoist classics
(Chen Xia and Peng Guoxiang with James Miller)
5 Gods and nature in Highest Clarity Daoism
(James Miller)
6 When the land is excellent: Village feng shui forests and the nature of lineage, polity and vitality in southern China
(Chris Coggins)

Part II: Imaging nature in modernity
7 Finding nature in religion, hunting religion from the environment
(Rebecca Nedostup)
8 Globalizations and diversities of nature in China
(Robert P. Weller)
9 Is Chinese popular religion at all compatible with ecology? A discussion of feng shui
(Ole Bruun)
10 'Ecological migration' and culturaladaptation: A case study of the Sanjianyuan Nature Reserve, Qinghai Province 
(Qi Jinyu)
11 Reverse environmentalism: Contemporary articulations of Tibetan culture, Buddhism and environmental protection
(Emily T. Yen)
12 Earthwork, home-making and eco-aesthetics among Amdo Tibetans
(Dan Smyer Yu)

Index

 これにキリスト教が関わるとどんな議論になるか。


 
プロフィール

LogosOffice2

Author:LogosOffice2
2016年度から(18年度まで)開始の科学研究費による研究「拡張された自然神学の具体化としての「科学技術の神学」─東アジアの文脈で─」に関連した情報を掲載します。以前に同様の趣旨でブログを開設していましたが、今回、新しいブログを始めました。徐々に本格化させてゆきます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリ